ガノ速!

ガンダムのまとめサイトです

    2016年03月

    • カテゴリ:
    a_1710564_49aa0d66fb64391cef3327638633d463ee9878d8_jpg

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/09(水)13:50:23 ID:1ry
    ビームでビームを受け止められるのかって問題はもう良いよ。
    互いに正面を向いての鍔迫り合いならあれで良いと思う。
    でもさ、頭上に振り下ろしたビームを相手が受け止めた場合。
    その場合は、一旦ビームを切って、相手のサーベルをすり抜けてまたビーム出せばいいだろ?
    正面からの鍔迫り合いならビームを切った瞬間に斬られるから出来ないの分かるんだよ。
    でも、頭上でビームサーベルを受け止めた場合、ビームを切って相手のサーベルをすり抜けても
    そのビームはこっちには当たらないだろ?

    ・・・ああ!なんでこんな細かくてどうでもいいことが気になるんだ!
    こんな自分が嫌だ!

    【ガンダムのビームサーベルでの鍔競り合いだけどさ・・・】の続きを読む

    China
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/04(月)16:42:40 ID:QSR
    「ACG」という言葉をご存じだろうか。これは中国で使われている言葉で、
    アニメ、コミック、ゲームの総称だ。中国では今、日本のACGにはまる若者が数多く存在する。
    そして、東華大学の姚儷瑾さんは日本のACGをきっかけに、戦争や日中関係について深く考えるようになったそうだ。

    「殺されたから殺して、殺したから殺されて、それで本当に最後は平和になるのか」。
    これは『機動戦士ガンダムSEED』で、幼馴染の主人公2人が立場の違いにより、
    相手を殺さなければならない情況下で抱いた疑問です。「戦争の意義って何?」。
    これは私がこのアニメを見た後、ずっと考え続けている問題です。

    『ガンダムSEED』の中では、遺伝子工学というハイテクをめぐる倫理的問題が発端で
    戦争が起こるのですが、アニメを見る前はこんな展開は思いもしませんでした。
    また、このアニメはフィクションですが、描かれている戦争の場面は大変リアルで、
    命のもろさを丁寧に描いていました。そして、この戦争の切なさは私の頭に深く印象に残り、
    今の世界情勢を少し自分の身に近づけて考えてみようと思い始めました。
    このアニメがきっかけで、私は日本のACGに興味を持ち、セリフをより理解するため日本語を勉強し始めました。

    続き exciteニュース/レコードチャイナ 2016年1月4日 14時50分 (2016年1月4日 16時31分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20160104/Recordchina_20160104028.html
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20160104/Recordchina_20160104028.html?_p=2

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 34◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451185156/334

    【【中国】「戦争の意義って何?」=日本のアニメ『ガンダムSEED』を見て深く考えるようになった―中国人学生 [H28/1/4]】の続きを読む

    rg_skygrasper009

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)17:31:17 ID:ZVo
    飛行可能な時点で圧倒的なアドバンテージがある上に
    ビーム砲も標準装備
    さらには各種ストライカーパックも使える
    地球上での戦いはこれとディープフォビドゥン量産すれば勝てる

    【SEEDに登場したスカイグラスパーって下手なMSより強いよな】の続きを読む

    a6abd914


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/06(日)23:07:33 ID:RFm
    押す?
    ただし主役機やなる主人公はランダム
    死ぬほど痛いようなことが起きても決して死なないこととする


    【10億円かガンダムシリーズの主役機が手に入る代わりにガンダムの主人公になるボタン】の続きを読む

    このページのトップヘ